【 ピアレビューを受けた論文のリスト 】

Questioning the Global Warming Science: An Annotated bibliography of recent peer-reviewed papers, Madhav L Khandekar, Friends of Science, January 2007

【 ツバル海水準の変動要因について* : 人口過密と汚染によって珊瑚が破壊される可能性がある

THE TRUTH ABOUT TUVALU, Vincent Gray, The New Zealand Climate Science Coalition, JUNE 15TH, 2006 

Tuvalu and Climate Change: Constructions of Environmental Displacement in The Sydney Morning Herald, Carol Farbotko, Geografiska Annaler: Series B, Human Geography, 87, 279 (2005)

Tuvalu and Climate Change in the Sydney Morning Herald, Carol Farbotko, ISLANDS of the WORLD VIII International Conference, 1-7 November 2004

Is Tuvalu Really Sinking?: Man-Made Problems, Sallie Baliunas and Willie Soon, Pacific Magazine, February, 2002

* メディアで取り上げられるツバル沈没の映像は、大潮時に多孔質でできた珊瑚の地下からの海水の湧き上がり現象が起きているときのもの。オーストラリア国立潮汐研究施設がツバルの首都フナフティに93年に設置した潮汐計では、これまでのところ平均海面高の顕著な変化は観測されていない。正確な海面上昇の傾向を知るには少なくとも数十年規模の観測が必要とされている。

【 ツバルと太平洋諸島の海水準と気候データ 】

Pacific Country Report on Sea Level & Climate:Their Present State Tuvalu, June 2006

Pacific Island Reports, Bureau of Meteorology, Australia

【 ハリケーンの頻度、勢力に顕著な傾向は見られない 】

U.S. Hurricane Strikes by Decade, National Weather Service, National Hurricane Center, August 2005

Extended Range Forecast of Atlantic Seasonal Hurricane Activity and US Landfall Strike Probability for 2005, William M. Gray and Philip J. Klotzbach

【 各緯度におけるハリケーンの挙動と北大西洋振動の相関 】

Spatial Variations in Major U.S. Hurricane Activity: Statistics and a Physical Mechanism, James B. Elsner, Journal of Climate, 13, 13, 2293-2305(2000)

【 白化現象は珊瑚の自然なライフサイクルの一部分* : 珊瑚は温暖な気候変化にも適応する 】

Barrier Reef 'can adapt' to warmer times, Padraic Murphy, The Australian, July 13, 2007

* 英国のスターン・レビュー(2006年10月30日発表)の著者、Nicholas Sternは、地球温暖化は珊瑚を死滅させるだろうと述べている。また、グリーンピースおよび世界自然保護基金(WWF)は、暗礁が地球温暖化によって脅かされると主張している[Ref]。ちなみに、Nicolas Sternは世界銀行の元チーフ・エコノミストで、現在は英国政府気候変動・開発における経済担当政府特別顧問である。

【 アフリカにおけるマラリアの流行は衛生問題、社会管理の問題に起因* 】

Global warming and malaria: a call for accuracy, P. Reiter et al., The Lancet Infectious Diseases, 4, 6, 323-324(2004)

* Paul Reiterはマラリア研究の第一人者としてIPCCの第三次報告書に参加していたが、マラリアの問題に対して専門外の分野から事実に基づかない湾曲した記述が行われたため、それに反対し執筆を降り、IPCCから自分の名前を削除するよう強く要請している[Ref]。

【 サハラ砂漠は縮小し、緑地は拡大傾向 】

Desert myths won't feed hungry mouths, New Scientist, Magazine issue 2361, 21 September 2002

Africans go back to the land as plants reclaim the desert, New Scientist, vol.175, no. 2361, p4, 2002

【 豊富なCO2は食物の健康と生産性を促進させる 】

Enhanced or Impaired? Human Health in a CO2-Enriched Warmer World, Sherwood B. Idso et al., Center for the Study of Carbon Dioxide and Global Change, Nov, 2003, p. 30

Contrasting effects of climate and CO2 on Amazonian ecosystems since the last glacial maximum, David J. Beerling et al., Global Change Biology, 12: 1977-1984 (2006)

Genotypic variation in the response of rice (Oryza sativa L.) to increased atmospheric carbon dioxide and its physiological basis, W. A. J. M. De Costa et al., Journal of Agronomy & Crop Science, 193: 117-130. (2007)

【 ヤティル森林は成長し、ネゲブ砂漠の中へ拡大 】

温暖化ガスが砂漠の緑化を促進(イスラエル), NEDO海外レポート NO.912, 2003. 8. 6

【 バイオマス燃料を用いた温暖化対策で穀物価格が高騰し、飢餓、貧困が加速 】

Ethics of Biofuels, Sharon Astyk, Energy Bulletin, 28 Dec (2006)

Massive Diversion of U.S. Grain to Fuel Cars is Raising World Food Prices, Lester R. Brown, Earth Policy Institute, March 21, 2007

国策「コーンラッシュ」あおりで穀物価格急騰 飢餓人口4億人増えるう予測も, 東京新聞, 2007年4月8日

バイオ燃料が地球にやさしいというのは大ウソ, UKインディペンデント紙 by Daniel Howden

【 キリマンジャロ山の氷河の減少は森林伐採による湿度の低下に起因する昇華現象

Modern glacier retreat on Kilimanjaro as evidence of climate change: observations and facts, Georg Kaser et al., International Journal of Climatology, 24, 329-339.(2004)

The Shrinking Glaciers of Kilimanjaro: Can Global Warming Be Blamed?, Philip W. Mote et al., American Scientist95(4):318-325. (2007)

【 ヒマラヤの氷河は増加傾向* 】

Himalayan Glaciers Are Growing ... and Confounding Global Warming Alarmists, James M. Taylor, Environment News, November 1, 2006

Conflicting Signals of Climatic Change in the Upper Indus Basin, H. J. Fowlera and D. R. Archerb, Journal of Climate, Volume 19, Issue 17, 4276–4293(2006)

* 世界自然保護基金(WWF)の報告書(2005年3月14日)には、「ヒマラヤ山の氷河は、地球温暖化の影響によって地球上の氷河の中で最も速く後退している」とし、「中国、インド、ネパールの氷河に依存した川に頼る何億もの人々が水不足に陥るだろう」と主張した。このWWFによる明らかな事実誤認に基づく報告は、CNN、ロイター、ABCニュース、ナショナル・ジオグラフィックなどの多くのメディアで無条件に取り上げられることになった[Ref]。Marlo Lewisは、「最初に、水道設備は氷河から来ません。ローカルの水道設備を供給するのは年間積雪量からの溶解です。年間積雪量はその地域で増加しています 」と述べている。

【 南極半島は昇温傾向にあるが、南極内陸部は昇温しておらず、南極大陸全体としては寒冷化し氷床は増加傾向* 】

Antarctic climate cooling and terrestrial ecosystem response, Peter T. Doran et al., Nature, 15, 517-520 (2002)

Interpretation of Recent Southern Hemisphere Climate Change, David W. J. Thompson et al., Science, 296, 5569, 895 (2002)

Positive Mass Balance of the Ross Ice Streams, West Antarctic, Ian Joughin et al., Science, 295, 476 (2002)

* 南極氷床は気温の変化以上に降雪量の増減に影響を受けると考えられている。IPCCの報告書には、温暖化により降雪量が増加するため、南極氷床は増加するとされている。日本の地球物理学の第一人者であった竹内均は雑誌『科学朝日』(1977年1月号)の中で「南極大陸の氷河は間氷期に拡大し、氷河期にはかえってある程度後退している(56頁)」と述べている。

【 南極の寒冷化の原因は南極振動による自然現象 : 人為的な気候変化による影響ではない 】

Atmospheric science: Early peak in Antarctic oscillation index, Martin Widmann et al., Nature, 432(7015), 290-291(2004)

【 南極の気温はモデルとの整合性がない 】

Antarctic temperatures disagree with climate model predictions, David Bromwich, Ohio State University, 15-Feb-2007

【 北極の海氷輸送と北大西洋振動の相関* 】

Evidence for a recent change in the link between the North Atlantic Oscillation and Arctic sea ice export, Michael Hilmer et al., Geophysical Research Letters, 27, NO. 7, 989-992 (2000)

* 今では「"北極の氷山"が溶けて東京が水没する」という人も少なくなってきたと思うが、1990年当時、国立環境研究所の古川昭雄氏は、「環境影響」大来佐武郎監修『講座地球環境 第一巻 地球規模の環境問題<>』(中央法規出版)の中でこう述べている。「地球の温暖化によって北極の氷山が溶解し、海面が上昇して標高の低い地域、例えば東京の0メートル地帯は水没し、居住可能面積が減少することが危惧されている」

【 グリーンランドの氷床の質量収支と北大西洋振動に強い相関 】

Recent cooling in coastal southern Greenland and relation with the North Atlantic Oscillation, Edward Hanna et al., Geophysical Research Letters, 30, NO. 3, 1132 (2003)

【 北極振動における潮汐力の影響 】

The impacts of the Luni-Solar oscillation on the Arctic oscillation, Renato Ramos da Silva et al., Geophysical Research Letters, 32, Issue 22, L22703 (2005)

【 エルニーニョと潮汐力の相関 】

The Moon and El Niño, Randall S. Cerveny et al., Geophysical Research Letters, 28, NO.1, 25 (2001)

【 海洋大循環の駆動力は風力と潮汐力に起因* 】

Significant dissipation of tidal energy in the deep ocean inferred from satellite altimeter data, Egbert GD et al., Nature, 405(6788):775-8.(2000)

What is the thermohaline circulation?, Carl Wunsch, Science, 298, 1179-1180 (2002)

* 地球規模の海洋大循環(海洋コンベアベルト)の原因として、これまで熱潮循環(熱潮ポンプ)が考えられていた。しかし、海洋物理学者の第一人者であるCarl Wunschによれば海洋の大循環に必要なエネルギーの半分は風力、残りの半分は潮汐による海水移動によって海底で生じる摩擦熱であることがほぼ明らかになった。ちなみに、映画「デイ・アフター・トゥモロー」では氷河の融解などによる淡水の流れ込みが熱潮循環をストップさせ寒冷化が起こると想定しているが、今ではこの設定自体の信憑性はほとんどない。

【 北極圏における特異的な昇温要因はテレコネクションの長期変動 : 小氷期からの回復過程の昇温速度としては妥当な範囲 】

Is the Earth still recovering from the “Little Ice Age”?, Syun-Ichi Akasofu, International Arctic Research Center, May 7, 2007

Notes on Climate Change, Syun-Ichi Akasofu, International Arctic Research Center, April 24, 2007

北極圏とモデルの整合性なし : 北極の海氷の減少は北大西洋振動による暖流の流れ込みの可能性を示唆 】

Akasofu Testimony- written, Syun-Ichi Akasofu, International Arctic Research Center, April 26, 2006

【 気候モデルに対する懐疑 】

A Skeptical View of Climate Models, Hendrik Tennekes

The Increase in Global Temperature: What it Does and Does Not Tell Us, Robert Balling, Marshall Institute Policy Outlook, 6 (2003)

The Science and Politics of Climate, Freeman J. Dyson, APS News, May 1999 (Volume 8, Number 5)

【 温暖化のコンセンサスを創作した記事 】

Naomi Oreskesによって創作された温暖化に対するコンセンサス記事の概要

【 ホッケースティック論争 】


【 地球温暖化の主流の科学的評価に反論する科学者等 】

Scientists opposing the mainstream scientific assessment of global warming - Wikipedia

【 温暖化は自然変動 】

On global forces of nature driving the Earth’s climate. Are humans involved?, L. F. Khilyuk et al., Environmental Geology, 50, 899–910(2006)

Celestial climate driver: a perspective from four billion years of the carbon cycle, In J. Veizer, Geoscience Canada, 32, 1, 13(2005)

Solar Cycles, Not CO2, Determine Climate, Zbigniew Jaworowski, 21st Century Science & Technology, Winter 2003-2004, p. 52-65

【 宇宙線の気候への影響 】

Celestial driver of Phanerozoic climate?, Nir J. Shaviv et al., GSA Today, 13, No. 7, 4-10 (2003)

【 宇宙線と雲の形成過程の相関・スベンスマルク効果 】

スベンスマルク効果 - Wikipedia

【 太陽活動の変動 】

Solar variation - Wikipedia

【 太陽活動と気候の関係 】

A mechanism for sun-climate connection, Sultan Hameed et al., Geophysical Research Letters, Volume 32, L23817 (2005)

Solar forcing of climate. 1: Solar variability, De Jager, C., Space Science Reviews, 120, 197-241. (2005)

On possible drivers of Sun-induced climate changes, Cornelis de Jager and Ilya Usoskin, Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics, 68, 2053(2006)

【 北極振動と紫外線に誘起されたオゾンの変化の相関 : 成層圏の変動が対流圏へ影響 】

Solar Cycle Variability, Ozone, and Climate, Drew Shindell et al., Science, vol. 284, 305(1999)

【 太陽活動と極域オゾンの長期変動の関係 】

Large decadal scale changes of polar ozone suggest solar influence, B.-M. Sinnhuber et al., Atmospheric Chemistry and Physics, 6, 1835–1841 (2006)

【 太陽活動と南半球環状モードの関係 】

Simulation of solar-cycle modulation of the Southern Annular Mode using a chemistry-climate model, Yuhji Kuroda et al., Geophysical Research Letters, 33, L05703 (2006)

【 偉大なる温暖化詐欺 】

The Great Global Warming Swindle

The sun and climate change

Temperature records and the kyota agreement

IPCC and consensus climatology

Extreme weather event and climate change

Apocalypse Then

Health Effects of Global Warming

Melting Ice and Sea Levels

The Great Global Warming Swindle - Wikipedia

【 分光学的立場からの温暖化懐疑論 】

hug barrett paper host:

The Climate Catastrophe - A Spectroscopic Artifact? by Dr. Heinz Hug

Hug & Barrett versus IPCC by Heinz Hug and Jack Barrett

Estimation of the Radiative Forcing for CO2 Doubling by Peter Dietze

【 温暖化の分子分光学入門 】

温室効果ガスの分光学 : 励起状態ダイナミクス



|| MAIL || BBS || BLOG ||

( 2007/9/5 更新)

|| リンク || 環境問題を 考える || 温暖化マンガ || リンク集 || CO2 Science || Climate Audit by Steve McIntyre || A Dog Named Kyoto || Climate Change:Guest Papers || Warwick Hughes || Errors in IPCC climate science || New Zealand Climate Science Coalition ||

inserted by FC2 system